-

髪や爪、舌など一見関係ない場所であっても、体の調子がよくないといろいろなところに影響が出てきます。肌トラブルとだけ考えそうな肌荒れも、体の不調が原因で起こっている可能性があるので油断ができません。 体の免疫力が落ちると、皮膚の負担も増えて荒れがちになります。内臓にトラブルがおきていても体のめぐりが悪くなり、老廃物がたまったりして、肌の健康を損なうことがありますね。 顔というのは見えやすいところにあるので、些細な変化も敏感に捉えることが可能です。いつも以上に肌が荒れていたり、普段どおりのケアをしていても復活しなかったり、何かおかしいなと思うことがあれば病院の診断を受けてみるということも必要です。 皮膚は健康のバロメーターともいいます。荒れているというサインを見逃さず、早め早めに対処していくことで、皮膚のみならず体中の健康を守ることも可能なのです。毎日鏡を見て自分の健康状態を知り、しっかりとそれに向き合ってみましょう。